悪徳業者に引っかからない方法

2017年5月22日 1:42 PM

クレジットカード現金化を行う場合には、利用停止を避けるために、業者を利用する人の方が圧倒的に多いと言えるでしょう。しかし、中には悪徳業者と呼ばれているところもあるので、十分に注意しないといけません。

事前の情報収集が重要

web検索
悪徳業者に引っかからないようにするためには、事前の情報収集が大切です。近年は気軽にインターネットへ接続ができるので、時間の合間を見て情報収集を行っておきましょう。ただし、情報収集はただ行えばよいというわけではありません。最初に行うべきことは、業者探しではなく悪徳業者の手口を知ることです。

彼を知り己を知れば百戦危うからずということわざがあるように、相手の手口を知っておくことが重要になります。悪徳業者の目的というのは、利用者から法外な手数料を取ることです。ホームページなどで、絶対にありえない宣伝文句を記載している場合には注意しましょう。

例えば最短5分で利用可能、還元率95パーセント以上などと言った感じです。他にもホームページに記載されている住所の場所に会社がない、電話番号が携帯になっている場合は要注意です。これらの点は必ず情報収集をしておき、事前に引っかからないための対策をしておきましょう。
もし引っ掛かってしまうと、信じられない様な多重債務を負わされる危険があります。

評判や口コミは複数のサイトで行う

悪徳業者の手口はどんどん巧妙化していきます。そのため、実際に業者を利用したことがある人の体験談や評判、口コミなどを参考にする場合も多いでしょう。もちろんこのような情報収集は有効的ですし、必ず行うべきことだと言えます。ただし、評判や口コミなどを確かめるときには注意が必要です。

それは1つのサイトだけではなく、複数のサイトで情報収集を行うことです。中には業者がよい評判や口コミを書き込んでいる場合もあるので、1つのサイトのみしか参考にしないと、業者の書き込みに惑わされてしまう可能性もあります。また、公式ページの体験談などは参考になりません。

なぜならよい内容の体験談しか記載していないのが一般的だからです。第三者が公開しているサイトで情報収集をするのが鉄則だと言えるでしょう。最低でも会社概要の確認と過剰な宣伝をしていないか、さらには評判や口コミは必ず確かめておくべきです。

確実に引っかからない方法

悪徳業者に絶対引っかからない方法は、クレジットカード現金化を行わないことです。しっかりと計画を立て、お金の無駄遣いをしないことが確実なのですが、物価高と不景気で生活が困窮している現在では、利用しないというのは難しい場合もあります。

≪ 前の記事:
Copyright(C)2017 自分でクレジットカード現金化をするのはアリ?業者に依頼したほう方がいい理由とは? All Rights Reserved.